環境問題への取り組み/省エネ

製品アセスメント

  • 「自販機製品アセスメントガイドライン」

    製品アセスメントとは、開発製品に対し、3R( Reduce=リデュース、Reuse=リユース、Recycle=リサイクル)が実施されているか、また、3Rがより容易に行えるように考慮されているかの評価と改善処置を製品開発段階で製造事業者が行うことをいいます。

    日本自動販売機工業会では、「自動販売機製品アセスメントガイドライン」を策定し、開発製品における製品アセスメントの適用率100%を目指して取組んでいます。適用状況は、以下の通りです。

    ◎平成17年度適用率  81%

      

    ◎平成18年度適用率  94%

      

    ◎平成19年度適用率  97%

      

    ◎平成20年度適用率  98%

      

    ◎平成21年度~26年度適用率 100%

         
  • 「JVMA製品アセスメントへの取り組み」

    PDFファイルはこちら
Top