JVMAについて

法人概要 / 定款

PDFファイルはこちら

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条

  • この法人は、自動販売機及び金融機器等の現金取扱機器の総合的な進歩発展、普及促進を図るとともに、偽造貨幣への対策を検討、推進し、もって我が国経済発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第4条

  • この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    • (1) 自動販売機及び金融機器等の現金取扱機器の振興に関する対策の樹立及び実現推進
    • (2) 政府、関係機関に対する意見の具申、発表
    • (3) 自動販売機及び金融機器等の現金取扱機器に関する行政施策に対する協力
    • (4) 自動販売機及び金融機器等の現金取扱機器に関する内外資料の収集、調査、研究
    • (5) 会員相互の啓発、向上を図る各種講習会、研修会、懇談会等の開催
    • (6) 環境問題等に関する啓発活動など社会貢献に寄与する事業
    • (7) 前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な事業
Top